小僧達と式根島に行ってみた!搭乗編その3

さるびあ丸
東海汽船の伊豆諸島航路をはしるさるびあ丸

スタッフのSENです!

今回は伊豆諸島の式根島に向かう「さるびあ丸」の船内を案内。

以下wikiより抜粋。

東京伊豆大島神津島航路および東京 – 八丈島航路で使用されている。伊豆諸島島民からは「さる」と呼ばれることもある。

1973年に就航したさるびあ丸 (初代)の代船として、三菱重工業下関造船所で建造され、1992年12月25日に就航した。本船の就航により初代は引退、係船の後、インドネシアに売却された。東海汽船の船舶として初めて5,000総トン級となり、純客船であった初代と比較して貨物搭載量の増加と旅客設備のグレードアップが図られ、初代よりも船客定員は少なくなった。なお本船は就航当時、初代と区別するため、船名を「さるびあ丸2」としていたが、後に現在の船名に改称されている。現在でも船内にはさるびあ丸2の「2」を消した跡が各所に残っている。

2013年現在、特等船室のみにしか設置されていなかったシャワールームが、特等船室使用客以外に利用できるように別途設置された。また、上級船室の追加と2等自由席の混雑時の場所取りによる不公平を無くすことを目的として、すべての座席の指定席化を行ったため全等室予約制となった。そのため船客定員が大幅に削減された[注釈 1]。ただし、船室が満員でも通路やパブリックスペース、または外部甲板上で過ごす事も可能であり、俗に言われる「席無し券」を購入しての乗船も可能である。

2002年(平成14年)のすとれちあ丸の引退により、運航区域が沿海区域から近海区域に変更されたため、救命艇設置等の改造工事を受けた。

free wifi、ただし場所は限られる
free wifi、ただし場所は限られる

free wifiもあるが、最下層の2等和室までは届かない、、、。

自動販売機には色々なものが売っている
自動販売機には色々なものが売っている

歯ブラシセットやタオルなど自動販売機で売っている。トランプ300円は買ってしまった。

船内のコインシャワー
船内のコインシャワー

無料かと思いきや10分200円であった。

なんとなく小市民な親父は

「うちのゲストハウスよりも高いし時間も短い!絶対入らないぞ!」

と息を巻いていましたが、酔っ払った勢いでシャワーを浴びてしまいました。ちょー気持ちよかった。水圧もよし!

暖かい食べ物の自動販売機
暖かい食べ物の自動販売機

色々気になる食べ物自動販売機。後で酒のツマミに試してみよう。

さるびあ丸の食堂
さるびあ丸の食堂

鉄道でも船でも食堂室は気分が盛り上がる場所だ。とりあえず下見。

シーズン中は食堂が閉まった後、場所は解放されるようだ。


✴︎ ✴︎ ✴︎ ✴︎ ✴︎ ✴︎ ✴︎ ✴︎ ✴︎ ✴︎ ✴︎ ✴︎ ✴︎ ✴︎ ✴︎ ✴︎ ✴︎ ✴︎ ✴︎ ✴︎

 生活を旅に変えよう!
「TenTen Guesthouse in Tokyo」
 東京の格安ゲストハウスです。↓

https://www.tokyo-guesthouse.com/index-ja.html

コメントを残す